メンズお洒落ファッション!ダサイから卒業できる3つの鍵はコレ!

20代冬服メンズ、メンズスタイルのコーデを見てみる

 

 

メンズお洒落ファッション!「ブカブカ」「ハデハデ」「テカテカ」の卒業!

 

メンズお洒落ファッション!世の中には、いわゆる「ダサい」と言われる服装やファッションが存在します。そして男性の中でも最もお洒落に気を使うべき年代である20代の時に、そのような「ダサい」服装で街を堂々と歩くことは色々な面で損をしていることになります。ここでは私が学生や社会人初年目ぐらいに出会ってきた「痛い」ファッションについて取り上げてみます。「ダサい」服装の特徴として「ブカブカ」と「ハデハデ」と「テカテカ」の3種類があります。まず「ブカブカ」というのは自分の体型に全く合っていない服を着ていることをいいます。いくら素材のよい服であっても自分のサイズに全く合っていない服はその時点でアウトです。しかも「ブカブカ」のうえに清潔感がなかったり色味に全く統一感がない服だった場合はもう最悪といっていいでしょう。とにかく自らの体型をよく知った上で、ぴったりの服を選ぶことです。これが基本中の基本です。

 

次にメンズお洒落ファッションに不要な「ハデハデ」ですが、とにかく柄が派手だったり色が目立ちすぎるようなメンズファッションです。別に派手な柄が一つぐらいコーディネートの中にあっても構いませんが、トップスからボトムス、さらには靴やアクセサリーにいたるまで、完全に派手なもので統一した服装の人が知り合いにいました。本人は某海外アーティストのファッションを真似したものだといっていましたが、とにかく悪い意味で「眩しい」くて「うるさい」服装でした。何かのコスチュームなら一理あるのかもしれませんが、普段のファッションとしてはまず有り得ません。考えてみてください。彼女は何を着ればいいのでしょうか?一緒にデートするのが難しい服装は避けて欲しいです。

 

最後に「テカテカ」ですが、これは「ハデハデ」の亜種といってもいいかもしれません。とにかく「ヒカリモノ」を多用したがる服装です。これも下手をすると何かのコスプレにしか見えないのです。街でもあまり見かけることは少ないですが、稀にこういう服装を好む人がいますが非常に「痛い」です。逆に「ジミジミ」ともいうべき、ひたすら地味なファッションを好む人もいますが、こちらはまだ小物や色のバランスに気をつければぐっとよくなる可能性を秘めているのでまだマシといえます。とにかく個性を出す「方向」を著しく間違えているファッションが「ダサい」代表例です。ベースは地味でいいので「基本」を外さないことがとにかく大事です。自分の身体に合った服を基本に忠実に着ることから始めましょう。個性はその後から徐々に「小技」という形で付加していけばいいと思います。

 

SHOPLIST.com(ショップリスト) MENS-STYLE (メンズスタイル)

151515151

ブランドやショップは関係なく、沢山のブランドやショップの中から選びたい人向け!

 

ファストファッション専門のショッピングサイト。ZOZOなどとは違って、とにかくお財布に優しく価格が安いセレクトショップやブランドのみが集結しています。目玉は、ショップリストは毎日セール開催しているので欲しいものがセールになっている可能性も!

 

151515151

 

151515151

全身コーディネート買いしやすい企画と商品量!
女子ウケするコーデ特集が非常に多い!

 

雑誌を見て、これいいなっていう感覚ですぐに買い物できてしまうコンセプト。値段も高くなく、殿堂入り商品は売れに売れてメガヒット!キレイめからカジュアル系まで豊富なのでコーデ買いがオススメ。 返品交換対応も可能で万が一の時に安心できる!

 

151515151