秋のメンズファッション着こなし@手入れと素材で違いが出る具体例

秋のメンズファッション着こなしをもっとみる

 

秋のメンズファッション着こなし@手入れと素材で違いが出る具体例

 

まず秋のメンズファッション着こなしでモテる男性は決してブランド名が分かるようなデザインではないけれど良い素材で触ったら気持ち良さそうな感じの服を着ているイメージです。手入れも洗濯してヨレヨレになっていなかったり毛玉がたくさん付いていたりせずに丁寧に扱っているんだろうなと想像できるような清潔感のある服装をしています。そのシーズンの流行りのものも少しは取り入れているけど全面的に取り入れたり、明らかに安物といった感じではなくてベージックな服装にさりげなく流行っているものを一点くらい取り入れているイメージです。

 

秋のメンズファッション着こなしで色は原色系ではなく黒、紺など上品に見える感じのものが多くて、でも地味な感じは受けないのがモテる男性のファッションです。一方、モテない男性は秋冬でも夏の服装にそのままアウターを着ましたというようなオールシーズンで同じようなものを着ていたり、手入れが雑で服がヨレヨレになっていたり明るい色だとシミが残っていたり不潔なイメージです。セーターなども毛玉がたくさん付いていたり洗濯を丁寧にしていないから触るとザラザラしているなど細かいところに気を使わないイメージです。安物をたくさん買って手入れせずに長い間同じものを着ていて素材も悪い上に形も崩れていて見た目を気にしない人が多いと思います。

 

秋のメンズファッション着こなしとして流行りのものもとりあえずたくさん売っているから買ってみただけというような洋服や顔と合っていない無理した感じの人が多いです。ボトムもいつまでも白い夏用のものを履いていたり丈が短かったりで季節にあってなかったり破れていたりと外見を気にしていないことがすぐに分かります。男性の秋メンズファッションの着こなしでいいなと思うコーデは、色は地味なベージックな感じで触り心地が良いとついつい気になって触ってしまいます。

 

モテる男の基本コーデをみてみる