20代大人のメンズファッションの基本@大人の入り口で差がつく男道

20代大人のメンズファッションの基本コーデをみてみる

 

 

20代大人のメンズファッションの基本@大人の入り口で差がつくモテる男道

 

街行く男性を眺めていると、女性と同じく多種多様なファッションで彩られているのがわかりますね。20代大人のメンズファッションでモード系、カジュアル、ヒップホップ系などの男性ファッションジャンルは、今や女性ファッションと同じくらい広くなっているのではないでしょうか。20代大人のメンズファッションでおしゃれな服を着ていると心が躍ります。

 

しかし、女性の目はシビア。「その年になってそんなの着てるの?!」と思われてしまっては、様々なチャンスを逃してしまうかも。かくいうわたしも、一部の20代大人のメンズファッションには思うところがあるのです。大学時代にわたしがいた学部は、華やかとは言いがたい学生が集まっていました。良く言えば無難、悪く言えば地味。しかしそんな中でも異彩を放つ人物というのは出てくるものです。わたしの目を引いた一人の男子学生は、まさに今でいうところの「お兄系」ファッションに身を包んでキャンパス内を闊歩していました。それだけならまあ、ファッションというのは人の自由で、ケチをつけるのはスマートではありません。しかし彼はどちらかといえばふくよかな体型であり、またお顔も身長も我が学部に見合った地味さでした。

 

そんな彼が、首から下だけは妙にきらびやかなお兄系ファッション!良くも悪くも注目を浴びていた彼は、ダイエットに励むでもなく20代大人のメンズファッションへと変えるでもなく、28才になった現在まで同じファッションを貫き通しています。お兄系ファッションといえば派手な柄やタイトなシルエット、そしてごつめのアクセサリー。10代の男の子や専門のモデルさんならともかく、20代も半ばを過ぎた男性が着るには少し難しいのがお兄系ファッションだと思います。20代というのは学生から社会人へと少しずつ変わっていく、ファッション的にも難しい年齢。20代前半のうちは着られても、25を過ぎるとちょっと……なんてことも。お兄系ファッションを満喫している20代の男性は、少しずつ社会に出ることを意識したファッションに切り替えてもいいかもしれません。

 

ちなみにわたしは、大人の落ち着きを感じさせるシャツファッションが大好き。20代大人のメンズファッションであっても同じタイトシルエットでもエレガントさを感じたり、柄によっては爽やかカジュアルになったりと、シャツファッションはなかなか便利なもの。チノパンとシャツ、足元はスニーカーなど「はずし」も自由自在。シャツを着こなす男性はそれだけで様になりますし、いくつになっても素敵!

 

20代モテるメンズ服装をもっとみてみる