20代春のメンズファッションは『サイズ感』のココが肝!

20代春のメンズファッションの服をもっとみる

 

 

20代春のメンズファッションは『サイズ感』のココが肝!

 

20代春のメンズファッションで一番重要なポイントは『サイズ感』です。女性の最近のトレンドではオーバーサイズのものをゆったりと可愛らしく着こなす、というものがありますが、男性ファッションではありえません。サイズ感をきちんと理解して着ている人とそうでない人では同じ服を着ていても印象が全く違い、サイズ感をきちんと理解して服を着ている人は「オシャレだ」と思われることに雲泥の差が生じます。サイズ感を間違えると「ダサい」と思われてしまいますので、そのことを念頭に置いてオシャレを楽しみましょう。過去にB系ファッションが流行った時がありました。その当時私は高校生ぐらいでしたので、修学旅行の時にB系ファッションでキメている男の子がいました。制服では腰パンをする程度だったので私服が意外な感じで、しかもカッコよくB系ファッションを着こなしていたので(当時)修学旅行のあとからその子が急にモテ始めました。ほどなくしてクラスの一番可愛い子と付き合うようになったのです。

 

それからもう約10年以上が経ち、実家に帰省した際に地元でその男の子を見かけました。いまだに当時のようなB系ファッションに身を包み、ダボダボのズボンにブカブカのパーカーを合わせてジャラジャラのチェーンを付けていました。「この年齢でアレはないな…」と思い思わずじーっと観察してしまいました。ダサい。ダサすぎる。B系が悪いとは言いませんが、その中でもサイズ感というものがあります。それは大事にしてほしかったなーと思いました。だからと20代春のメンズファッションと言ってピタピタサイズがいいわけではありませんので、サイズ感とは『大きすぎても小さすぎてもNG』という難しいラインのものなのです。よってめんどくさがる男性は多いですが、店員さんに自分のジャストサイズを聞いて試着してチェックしてもらうという作業が一番オシャレさんに近づく方法です。

 

モテる男の基本コーデをみてみる