20代男性のモテ服コーデ、モノを大事にするって本当にいいこと?

20代男性のモテ服コーデをもっとみる

 

 

20代男性のモテ服コーデ、モノを大事にするって本当にいいこと?

 

20代男性のモテ服コーデといえば、学生や社会人になり自分の好みの洋服が買える頃ではないでしょうか。そんな年頃にもありながら、ファッションに興味がある人もない人もハマってしまう現象があることを知っていますか?それは「...この人、いつからそれ使っているの?」という通称:セルフヴィンテージアイテム。というもの。ファッションに興味がない人から見ていきましょう。たとえばあまり見かけなくなったズラズラと英字がプリントされた、本人も読まないだろうというプリントT。しかもサイズはタイト。デザインが古いだけならまだ無頓着なのかな?となるところ、生地が退色していたり、毛玉ができていたりとなると同性でも気になるし、異性なら幻滅でしょう。男性の場合、とくに冬場は毎年同じアウターを着倒してしまうということもめずらしくありません。男性がこれにハマってしまう理由はいくつかあります。

 

前述のように20代男性のモテ服コーデに頓着がなく、ダメになるまで使い込んでしまう。(そういう人は買い物が苦手な傾向にあります。)女性に比べこだわりが強く、これだ!というものを愛用してしまう。女性モノより洋服の単価が高く、気軽に買えない。何年か来てトレンドが変わったら、処分するという習慣がない。といったあたりになるでしょう。解決法としては、まず人並みにファッション興味を持ちましょう。そうすれば、バリエーションが欲しくなり、何年か前の写真と同じ格好で時代にあっていない自分が恥ずかしくなるはず。一方、洋服好きもまたこの現象にハマってしまうのです。

 

若いうちから無理をして、上質なものを長く着ようとする男性。これには注意が必要です。おしゃれはそこにはありません。(こちらのほうが本人は満足している為、問題アリかも?)20代男性のモテ服コーデのトレンドのデザインやサイズ感は毎年変わります。2,3年で買い換えられるような身の丈にあった値段のもので少しずつ流行りを取り入れること。これがおしゃれの姿です。やっぱり、新しいものを身につける。って気持ちがいいことですよね。パリッと気合が入ります。ぜひ出かけるときは、新しい洋服で新しい場所へ。

 

モテる男の基本コーデをみてみる