メンズ冬服モテコーデ@自分に合ってない服装はダサい具体例を紹介。

メンズ冬服モテコーデをもっとみる

 

 

メンズ冬服モテコーデ@自分に合ってない服装はダサい具体例を紹介。

 

私がメンズ冬服モテコーデで今までダサいと思った男性の服装は・・・

 

1、個性が強すぎる2、その人に合ってない服装です。まずメンズ冬服モテコーデ1の個性が強すぎる、について。本人はおしゃれのつもりでも派手なチェック柄のズボンやビジュアル系のプリントが施しているTシャツやセーターはちょっと・・・と思ってしまいます。また、ミッキーマウスなどのキャラクターがでかでかとプリントしてあるものはいくら顔がかっこよくてもおしゃれな雰囲気でもかなり難しいと思います。そして2の合ってない服装、というのはパッとイメージがわかないかもしれませんが、とにかく体型や顔に合ってない服装をしているといくらおしゃれで高そうなものを身につけていてもなんかダサいなっと思ってしまいます。

 

例えばメンズ冬服モテコーデで、白パンツや赤い革靴などはちょいワルオヤジ系の渋い男性やイタリア人などのすらっとした体型の男性が履くと様になってかっこいいですが、中肉中背の足が太めの男性が履くとあれ?と思ってしまいます。街中で、白パンツに赤い革靴、茶色の革ジャンに黒の大きなトートバッグを肩にかけている男性を見かけましたが、まさに中肉中背でズボンもピチピチだったのでスタイルが悪く見えて、さらに色がチグハグで仮装大会みたいに見えました。

 

反対にメンズ冬服モテコーデで、スタイルがいいのにオーバーサイズの服ばかり着てダサいなぁと思う人もいます。せっかく足は長くて細身なのにダボっとしたスラックスやウエストまできっちり詰まったケミカルウォッシュのジーンズ、年季の入ったアーガイル柄のセーターの襟からは白シャツがのぞいている・・みたいな人もいて、もったいないなぁと思います。やはり、ちょっと太めの人はアウトドアブランド系が似合うし、細めで身長のある人は今時の綺麗めなブランドの服が似合うと思います。

 

モテる男の基本コーデをみてみる