メンズ私服のダサい例を女子が教えてくれる。本音を知って改善せよ

メンズ私服でセンスがいいモテ服コーデをみてみる

 

 

私服での勤務となる私の職場ですが、女性と仕事する部署の方はすごく服装に気を使い、おしゃれな男性社員がたくさんいるのですが、開発などの男性しかいない部署の社員は、なんというか服装に気を使っていないのがわかります。メンズ私服のダサい例として、会社にいたダサい私服の男性社員を紹介したいと思います。しわしわのままのシャツでも普通に着て来る。まさに、メンズ私服のダサい例!!洗濯した後に、伸ばして干していないのか、もしくは畳まず床においてあったのか、よくわかりませんが、しわしわのシャツを普通に着て来ます。しわしわのシャツが着たいのであれば、麻素材のシャツを選べば、少しは変わると思います。簡単におしゃれにできるのに。いつも同じ洋服でも気にしない。これまたメンズ私服のダサい例の要因です。毎日赤の無地のTシャツを着てくる社員もいます。ある意味、赤Tが彼の制服だと思っていますが、一体何枚そのTシャツをもっているのかと疑問に思ったりします。毎日そのTシャツを着るこだわりがあるのであれば、せめて赤Tではなく、白Tか黒Tにした方がいいと思います。

 

それだったらデニムに合わせやすく、少しはましに見えます。柄と柄を合わせてくる上は赤チェックのシャツ。下は青ストライプのパンツ。柄と柄を合わせるファッションもあるけど、チェックとストライプはまずないと思います。これはやばいメンズ私服のダサい例ですね。個性を主張したいのかもしれませんが、その服装は自宅で着てください。柄と柄を合わせるファッションは、人気イケメンモデルでないと着こなせません。重ね着しすぎる人。シャツの上から、Tシャツとベストを重ね着している社員がいました。それをおしゃれだと思っているのか、いつも隣の女性社員に「今日の服装どう?」と聞いて来たりしていました。この社員は自分がおしゃれだと思っていると思います。何事もやりすぎるとメンズ私服のダサい例になってしまい、全部がだめになると思います。もう少し控えめにし、洋服を選ぶ場合は、寸止めを身に着けてほしいと思います。ダサイ社員と私の見解をしていますが、私自身は、服はシンプルに着て、帽子やメガネ、靴などを気にしている方がおしゃれだと思っています。ひそかに、会社でダサイと思われている社員をおしゃれにするプロジェクトをやってみたいと思っています。そうしてファッションに興味を持ち、プライベートも充実し、仕事と両立して欲しいです。

 

 

女子が喜ぶメンズのオシャレコーデをもっとみる