夏服メンズコーデ!アパレル店員の私が思う、ダサいファッション3選

20代男性のモテ服、メンズスタイルのコーデを見てみる

 

 

夏服メンズコーデ術!アパレル店員の私が思う、ダサいファッション3選

 

私は10代、20代向けのセレクトショップでアルバイトしています。うちのお店は20代の学生さんやサラリーマンが多く来店するため、20代男性のファッションは毎日のようにみています。そんな私がダサいと思う、20代男性のファッションを3つ紹介していきたいとおもいます。フッションに自信がない方は夏服メンズコーデ術を参考にしてみてください。

 

 

その1 魔法使いみたいな人
たまにいるんですよね。魔法使いみたいな格好の人。俗にいうモード系と呼ばれるフッションなんですが、やりすぎるとただの変質者になります。また、モード系はスタイルが重要になってくるので、似合わない人はとことん似合っていません。そういった人は夏でも真っ黒なので、見ているだけで暑くなってきます。

 

 

その2 靴がダサい・汚い
オシャレは足元からといわれていますが、洋服はオシャレなのに靴がダメな人は結構多いんです。白の靴なのに泥まみれ、革靴なのにかかとを潰しているなど、ここら辺はアパレル店員から言わしてもらえれば、ダサいです。1番最悪なのは未だにビニールテープの靴をはいているひとですね。さすがにその靴は小学生で卒業しようよといった感じです。

 

 

その3 ダルダルの服をきている
最近はスウェットパンツが流行っているので、部屋着のような格好で外出している人が増えてきました。しかし、中には何を勘違いしたのかダルダルになったTシャツや室内用のスウェットをきて、外を歩いている人がいます。正直田舎のヤンキーか浮浪者にしか見えません。何事も節度を守ってほしいです。

 

最後に夏服メンズコーデで、私がオシャレだなと思うファッションを紹介します。それは季節感を出しているファッションです。例えば、春なら白や青。冬なら黒や灰色など、季節の色をだしてファッションを楽しんでいる人はオシャレだなと思っています。こういった基礎的なことを理解している人は少ないので、参考にしてみてください。

 

20代メンズの私服!ジギーズショップのコーデをみてみる